予防歯科

お口の健康は
全身の健康に繋がる
生涯天然歯で過ごすために

歯科治療によって虫歯や歯周病が改善しても、お口の中を綺麗な状態に保たないと、再度症状が悪化する可能性があります。そこで、治療が終わっても歯科医院へ通う習慣を心がけましょう。当院では、定期的な歯のメインテナンスと効果的なセルフケアのアドバイスを行っています。予防への意識を高めれば、お口のトラブルを早期発見・早期治療できるので、痛みや通院回数が抑えられる可能性が高まります。

なぜ予防が大切なのか

日頃から予防歯科を行っていることで、虫歯はもちろん歯周病のリスクも下げられます。また、もしも虫歯や歯周病になってしまった場合も早期発見・早期治療が可能なので、身体的にも経済的にも軽い負担で治療が行えます。
80歳で20本の残そうという活動である「8020運動」をご存知でしょうか?これは、厚生労働省や日本歯科医師会が推奨している運動で、自分の歯が20本残っていれば、一生おいしく食事できるというものです。人間には28本の歯があります。ずっと自分の歯で楽しく食事をするためにも、予防歯科に努めましょう。

一度病気になると悪循環に陥ることも

最初は小さな虫歯でも放置すれば、抜歯を余儀なくさせる大きな虫歯に進行します。また、早いうちに治療したとしても、その後のケアを怠れば虫歯は再発し、さらに汚染部分を削らなくてはならず、健康な歯質が小さくなってしまいます。
虫歯を繰り返さないためには、治療後もセルフケア・プロケアが必要です。現状、虫歯が無い状態でも、定期的に歯科医に通い、検診・クリーニングを受けることをおすすめします。

予防・メインテナンスを行うメリット

  • 虫歯・歯周病リスクの低減

    ご自身による毎日の丁寧な歯磨きに加え、定期的な歯科医院でのプロケアを続けることで、汚れや細菌に負けない強い口内環境を作れます。そうすることで、虫歯や歯周病リスクが下がるため、いつまでも健康な自分の歯で噛めるでしょう。

  • 全身疾患リスクも下げる

    虫歯や歯周病の原因菌が体内に入り込むと、全身でさまざまな病気を引き起こす可能性があります。
    お口の病気を予防することは、全身の健康維持のためにも大切なことなのです。

  • 必要以上のコストを
    かけない

    虫歯や歯周病が悪化してしまうと、重症化して治療費や通院期間が大幅に増えます。定期的に検診・ケアすることで、早期治療ができれば、時間やコストを抑えつつ簡単に治療できるのです。

PMTC
(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

虫歯や歯周病治療の基本は、何よりもお口の中の細菌数を減らすことです。そのためにも、定期的に歯科医院でPMTCを受けましょう。PMTCは、歯科医院で専門的に行う歯のクリーニングのことです。細かな歯垢や歯石などを機械で取り除くことで、口腔内を清潔な状態にキープしていきます。
当院のPMTCは通常の清掃だけでなく、エアフロー等も使用してしっかり汚れを落とすので、着色が気になる方にもおすすめです。

エアフローとは?

エアフローは、ジェット水流によって微粒子パウダーを歯の表面やすき間に吹き付けることで、歯ブラシなどでは届かない汚れを落とす、というクリーニング専用機器です。汚れだけでなく、落ちにくいタバコのヤニや着色汚れ、頑固なバイオフィルムまでキレイに除去できます。エアフローの特徴として、歯に直接ふれずに洗浄できるため、歯などを傷つける心配がないというメリットがあります。
※喘息やのどが弱い方には使用できない場合があります。

エアフローを用いたPMTCの効果

  • 着色汚れを落とす

    茶渋やタバコのヤニなどの着色汚れは、通常の歯磨きでは落とせません。エアフローの微粒子パウダーを使用すれば、細かい汚れもキレイに除去できます。

  • 汚れが付きにくくなる

    エアフローを行った後は、歯の表面が滑らかになるので、プラークや着色汚れが付きにくくなる、という特徴があります。

  • 虫歯・歯周病予防に効果的

    歯や歯と歯の間、歯茎の溝など、狭い場所に付着しているバイオフィルムも徹底除去できます。歯磨きでは届きづらい箇所も一掃できるので、虫歯や歯周病の発症リスクを下げられるでしょう。

歯科医院で行うその他の
予防・メインテナンス

ブラッシング指導

歯磨きは毎日当たり前に行っているので、一人ひとりの癖が出やすい傾向にあります。そこで当院ではきちんと歯ブラシがお口全体に当たっているかを歯科衛生士がチェック。そのうえで、歯ブラシの使い方に問題があれば効果的なブラッシング方法をアドバイスします。

歯石取り

細菌の塊であるプラーク(歯垢)は、時間が経過すると歯石に変化します。歯周病予防のためには、歯石を定期的に取り除くことが欠かせません。そこで、歯科医院ではスケーラーと呼ばれる機器で歯石除去を行っていきます。

自宅でできる予防

定期的に受けるプロケアと同じくらい大切なのが、ご自身によるセルフケアです。
ご自身で正しい歯磨きを毎日できていれば、キレイな状態を保てますし、定期検診の間隔を伸ばすことも可能です。
日々のブラッシングはもちろん、下記のようなケアを行うことで予防効果を高めることができます。

フロスなどのケアグッズの併用

セルフケアの質を高めるためには、通常の歯ブラシでの歯磨きに加えて、デンタルフロスや歯間ブラシ、洗口液、液体歯磨きなどを併用することをおすすめします。

規則正しい食生活

糖分が多いものを頻繁に食べていたり、食事の時間を区切らずダラダラと食べ続けると、お口の環境を悪化させる可能性があるため、注意する必要があります。お口の環境、そして健康のためにもバランスの取れた食事を摂りましょう。

フッ素配合の歯磨き粉を使用する

市販の歯磨き粉のなかには、フッ素が配合されているものもあります。フッ素にはエナメル質の修復促進や歯質の強化などの効果があるので、積極的に使うことをおすすめします。

定期検診

多くの方は「歯が痛くなったから歯医者にいく」という考えをしているのではないでしょうか。痛くなってからの来院では、既に症状が進行している可能性が高いです。早期発見・早期治療を行うためには、定期的に歯科医院に通院し、検診やクリーニング、歯磨き指導を受けることをおすすめします。
当院では、基本的には3ヶ月に1回(歯石が着きにくい方や虫歯が少ない方に関しては半年に1回)の定期検診をお勧めしております。

お電話 初診予約・治療相談